【考えるものづくり】

弊社は、これまで60年以上に渡り木型製作やCAD設計に携わってきました。その間、最も大切にしてきた事は【製品の用途まで考えたものづくり】です。鋳物製品であれば、鋳造・機械加工・組立てまで考えた上で、木型を設計・製作する事です。デザインモデルや芸術作品においては、図面に描き切れない部分や感覚的な所の【こだわり】を理解できるように努めて参りました。

自動車部品(メーカー完成品)
型製作:トコーモデル

特徴1

【ワンストップで対応】デザイン・機能から試作品まで

パートナー企業のプロダクト・デザイナーや技術士と協力して、試作品製作を進めています。機能や性能は外からは見えないものです。しかしそれを一目で理解してもらうには外観のデザインが必要です。弊社では量産化に向けた機能とデザインのバランスを見ながら、お客様にアドバイスをしています。さらに量産化の場合には、川口市内の様々な企業をご紹介しています。

特徴2

【豊富な経験からアドバイス】鋳造と真空成形について

鋳造向けと真空成形向けの型作りは弊社の核となる技術です。製品を作るには型を抜き取るための最適な勾配が必要であり、さらに製品の材質により収縮率が異なるため型の拡大率も変えなければなりません。工場の設備や製品数・単価により製作方法も異なります。弊社では製品コストを抑えるため、様々な要素を事前に考慮し、お客様にご提案した上で、型作りを行っております。

特徴3

【ものづくりの街:川口】で半世紀以上

川口市は全国的にも町工場の多い所として有名で、試作品から完成品まで揃う産業集積地です。近年製造業は専門化が進んでおり、製品の素材・大きさ・用途により得意分野が異なります。弊社は長年に渡り様々な製造業との取引があるため、ユーザーの目的に合った製品を作れる最適な企業と協力して、ものづくりを進めております。

(写真は、川口市で製作され1964年東京五輪で使われた鋳物聖火台。2019年10月6日里帰りしJR川口駅前広場で点火されたところ。現在は新国立競技場の東側ゲートに設置されている。~写真・記事は朝日新聞デジタルより)


新製品の開発
鋳造型・真空成形型の製作
3Dプリンター用3D-CADデータ作成
に関するお問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ